「四苦八苦」とは 近い親類を亡くして、本当の意味を知った話

この記事をシェアする

 

桜

はみだしぶろぐ(hamidasiblog)です。

去る平成29年4月13日(木)非常に近い親類が亡くなりました。

満93歳。

比較的長い間危険な状態の期間が長く、

年齢も年齢なので大きな驚きはありませんでした。

 

週末は法事で慌ただしかったです。

今はやっと自宅に帰宅し、一息ついているところです。

正直法事というものは、やはり疲れますね。

 

 

葬儀を通して

通夜や葬式を通して、お坊さんのお言葉をいただくのですが

そのなかで「四苦八苦」という言葉の意味の説明がありました。

 

正直この言葉自体は聞いたことがあるのですが、本当の言葉の意味を知らなかったので妙に心に残りました。

読者さんにもシェアしたいと思います。

 

四苦八苦とは

四苦八苦(しくはっく)とは、仏教における苦の分類。

苦とは、「苦しみ」のことではなく「思うようにならない」ことを意味する。


根本的な苦を

・生きること

・老いること

・病におちいること

・死ぬこと

の四苦とし、 根本的な四つの思うがままにならないこととなります。

その四苦に加え、

・愛別離苦(あいべつりく) - 愛する者と別離すること
・怨憎会苦(おんぞうえく) - 怨み憎んでいる者に会うこと
・求不得苦(ぐふとくく) - 求める物が得られないこと
・五蘊盛苦(ごうんじょうく) - 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと
の四つの苦(思うようにならないこと)を合わせて八苦と呼びます。

 

今回は、愛別離苦(あいべつりく) - 愛する者と別離すること

を経験しているという説明を受けました。

 

「四苦八苦」という言葉は、自分にとってはまさに聞いたことはあるけど、本当の意味を知らない言葉でした。