発育障害・アスペルガー症候群への疑問に当事者がお答えします

この記事をシェアする

オンライン・カウンセラーの小川(@hamidasiblog)です。

私が主催しているFaceBookグループ「ココロの病気と人生お悩み相談」において、発育障害やアスペルガー症候群について、以下のような質問がありました。

当事者として、質問に音声YouTubeでお答えしましたので紹介したいと思います。

質問

発達障害の方への疑問なのです。ちょっと困ってます。

最近農家のほうのお仕事で、とあるフリーでお茶の卸をやっている青年Aに、「あなたの地域で手もみのお茶を作り、売りたいから、手摘みして泊まり込みでお茶作りしたい」「もちろん全量買取で」と言われていました。 私の印象は「コミュ障なかんじの人だな」「ちょっと軽いアスペっぽいけど、まあ頑張ってやってるし、応援してあげるか」って感じでした。

でもじつはAくんはうちだけでなくほかの地域でも同じようなことを言っていたらしく、トリプルブッキングみたいになっていて、すべてのお茶を摘み取ることはできませんでした。

というかぶっちされました。 その日に近づいても連絡来ず、また当日も連絡来ず… 知り合いが尋ねるとぷっつんしてしまった様子のAくんがひとりアパートでいたようです。 ぷっつんというのは、言葉もあまり出てこない、ひとりで歩けない、というかんじだったそうな。 そこで病院へ連れていくとアスペと初めて診断されたそうな。

おそらくキャパオーバーなスケジュールを組んでしまい、パニックになったのかなと思いましたが。

この事件で、3つの農家や仲介者がかなり痛手をくらってしまったのですが。 お茶が刈れなかった、わざわざ機械を用意したのにAくん来ない、予定を開けていたのにまるつぶれ など

ここにいたるまでに、おかしなことはありました。 Aくんのお茶への思いは熱いものの、ふたを開けてみれば農家さんにあいさつに来ても手ぶらだったり、泊めてもらった家へのお礼がちいさな金平糖一袋だったり(笑)、連絡の返答が見当違いだったり、ちょっと常識的にはびっくり(発達障害とわからなければ、しつけがなってない高校生のような感じ)だったのです。なので最初からこのお話は進めなければよかったね、と農家さん同士で話しています。

こちらが迷惑被ったのに、急にアスペだからしょうがない、というようなあちら側の意見がきてかなりモヤモヤしてます( ;∀;)

そこで、小川さんに質問です。小川さんも軽いアスペだと仰ってますが、 ・やはり程度の違いによって、コミュニケーション能力は差がありますか? ・実はアスペだったから責任とれないというあちらの意見に、私としてはもやっとするのですが、これはしょうがないことなのでしょうか?これ以上のコミュニケーションは難しいのでしょうか? ・メールでもコミュニケーションが取りづらいような状況の時、わたしたちはどうしたら良かったのでしょう? ・礼儀などの面でちょっとびっくりした今回のAくんですが、彼の目に見えている世界は実際どうなっているのでしょう? (今回は、コミュニケーション取れない時点で断ればよかったね、となってしまいましたが、知識として知っておきたいと思いました)

回答

参考リンク

アスペルガー症候群とは、どのような特徴を持つ障害なのか

WAIS・WISCとは?ウェクスラー式知能検査の特徴、種類、受診方法、活用方法のまとめ